【工場勤務】相手の立場で考えることができるか?

工場勤務

コロナ禍において工場では生産が落ちたが、ある程度戻ってきた。人が減らされた分足りなくなり、今度は補充する状況だ。そこであてにされるのが派遣社員。

すぐさま教育をして一人前に育てる必要がある。工場の仕事は作業自体は難しくないので誰でもできる。いや、このような生産変動に備えて、誰でもできるようになっている。

最近人の教育を部下に任せることがあって思うことがあった。

何も知らない新人に対して、どのように教えるか。新人は教えてもらうしかない。何も知らないので話を聞くしかない。

教える人、教わる人。ここで衝突が起きる。

立場をわきまえること。役割を認識すること。

教え方が気に入らない。ちゃんと教えているのにやってくれない。 双方の言い分はそれぞれある。

教える人、教わる人。それぞれ立場がある。

教わる人は、必然的に立場は弱くなってしまう。教える人の方が立場は上になる。

ここで大切なのは与えられた役割。

それぞれの役割は、教わる人は早く仕事を覚えること。

教える人は仕事を覚えてもらうこと。早く一人前に育てることだ。

立場と役割を考えてみれば、何をするべきか分かると思う。

やるべきことは衝突することではない。

自分のポリシーを貫くのは大いに結構だが、与えられた役割を全うしなければ、ただのワガママにすぎない。

相手の立場に立って考える想像力はあるか?

この新人とベテランのちょっとした衝突をみて思った。

相手の立場に立って考えるということ。僕が働く工場で見ても圧倒的に足りていないと感じる。

少しの我慢もできない。一時の感情を俯瞰する胆力が足りない。どこかみんなが自分勝手だと感じる。

自己主張だけで相手の立場になって考えるということがない。そういった想像力が欠如している。

みんなが自分勝手だと組織なんて回らない。みんなそれぞれ自分の役割を認識して行動する必要がある。そして他者を思いやる気持ちが大切なんだと思う。


思えば競争で勝つことを当たり前として育った僕たちは、いつしか心が貧しくなってしまったのかもしれない、とか考えてしまう。

『社会に貢献したお返しに給料をもらう』のではなく、

『金を稼ぐために仕方なく働いている』という価値観になってやしないか。

こうなると何でも損得勘定で考えるようになる。すると、面倒なことはやらないし、金にならないことはやらなくなる。

人に対しても思いやりはなくなり、見返りを求める。

上手くできないのは自分のせいではない。教え方が悪いのだ、となる。


なんでも合理的に考えるのが資本主義社会だ。このなかで、一見金にならない、相手の気持ちを考えることや、他者を思いやることは実は大切なのだ。結果的に自分にプラスになって帰ってくる。心を豊かにするのだ。

合理性だけを追求して心を貧しくする必要はない。

日々仕事でしっかりと社会貢献してお金をもらい、そして心のほうも豊か育てていきたいものだ。

それでは、また明日!



コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました