せっかくの休日に仕事で言われたことを思いだして腹が立ってしまう。未熟な僕と心の情熱。

日常

日曜日。仕事のことを忘れたいのに頭に仕事が引っかかる。

発端は金曜日のメール。僕が提案したことについて他部署の上の人から指摘が入る。

普段ならそのままスルーだが、ものの言い方が気になった。

挑発的な言葉を含み、バカにされているようにもとれる。

僕もメールで言い返そうかと思ったが、やめた。

この議論を突き詰めても誰も喜ばない。無意味だからだ。

頭ではそう思っているのに、思い出すと腹が立つ。

しかもせっかくの休みなのに、と考えるとまた腹が立ってくる。

思い出せば思い出すほど、今の仕事のくだらなさ、つまらなさだけが頭をよぎる。

・・・未熟。


結局のところこの怒りは、自分をバカにされたことによる怒りなのだ。

頭の中では分かっているのに、

僕の心が許せないらしい。

社会を幸せにする活動に意見がぶつかって熱くなるならさておき。

今では誇りも持てなくなった、ブルシットジョブをやっているだけなのに。

怒りは時間の無駄だし、エネルギーも奪われる。

精神的な自分の未熟さを憂う。

心穏やかに落ち着かせる、人間的な成長が必要だ。

それもそうなのだが、もう一つ思う。

今の仕事に情熱をもって取り組めないことが悔しい。

自分の選んだ仕事に対して、情熱をもって取り組めないことが、悔しい。

いつからか、僕が変わったのか、仕事が変わったのか。

なんでこんなにもやりがいが無く、つまらないのだろう。

仕事は昔から変わらないけど、僕の目が覚めただけなのだろうか。

『情熱をもって何かに取り組みたい。』

僕のこころがそういっているようにも感じた。


ぼくのこころが、ぼくに聞いている。

いかりをもって聞いている。

情熱もって生きているか?、と。

このいかりはどこからくるのか?

小バカにされて怒っているの?

くだらん毎日に怒っているの?

一心不乱に情熱かたむけて

充実した人生を送りたい。

命は消費するもんぢゃない。


そんな日曜の午後です。

んんん。イライラどっかに飛んでいけ~!

それでは、また明日!



コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました