レスポンスが早いだけでアドバンテージがある。

日常

仕事で頼みごとをする。レスポンスが早いだけで仕事ができるやつだ。

理由は相手の時間を奪わないから。対応が早いってだけで他の人より一歩抜きんでている。

仕事を頼まれるとき、○○と言えば○○となればこっちのもの。

レスポンスが早いやつってタグがつけば、それだけ仕事を任せられることが増える。つまり、チャンスも増えるわけだ。

先日、ある依頼をした。(これについては後日ちゃんと書きます)

対応がずば抜けて早い。それだけで気持ちがいいものだった。

やり取りはLINEアプリだったが、既読になったらすぐ返事が返ってくる。

僕が依頼者で相手がお店。車で行くと4時間くらいかかる遠方の場所にあるお店なので、連絡はすべてLINEだ。

あるアクセサリーのリフォームをお願いしたのだが、話がポンポン進み、あっという間に僕はそのお店に加工前のアクセサリーを郵送した。

やり取りをしていて、投げた球が瞬時に返ってくるのは、気持ちがいいものだ。

このやり取りを通じて、仕事に置き換えたときに、やはり仕事ができる人はレスポンスが早いと改めて思った。

今やメールで世界中にあっという間に情報を送れる。遅くする原因は人の行動だけなのである。

仕事を頼んでも『あーでもない、こーでもない』と口ばかり動いて行動が伴わないヤツが多い。

これは失敗したときに、やれ『十分な検討が足りなかった』やら、『やはり早計だった』やら言われるから。

ようは失敗が怖いだけ。責任を取りたくないだけなのである。

たかが仕事である。失敗しても命を取られるようなことはない。

だから、さっさと行動して、さっさと失敗すればよいのである。

結局打席に多く立った方がヒットの数が増える。その分失敗も増えるが。

打席に立たない奴はヒットも打てない。たまに当たったヒットで喜ぶのが関の山である。

というわけで、光のように動く。

早いは正義、という話でした。

それじゃあ、また明日!


コメント

タイトルとURLをコピーしました