備えあれば憂いなし 寝坊して考える

日常

今日は久しぶりに寝坊した。昨日は仕事が終わって近くの公園を走ってから帰った。その後夕食と一緒に酒を飲む。(そういえば最近酒をよく飲むなぁ。)

いつもの時間に就寝し、パッと目が覚めたのは朝4時だった。

少し早いと思い二度寝をすると、いつもは家を出る時間である6時20分に目が覚めた。急いで支度をして、すぐに車に乗る。

普段は朝ごはんを家で食べるが、今日は時間がない。家にあった菓子パン一つとバナナ一本、プロテインバーを朝食にするため持っていく。その朝食は車の中で運転しながら食べた。

時間がない寝坊した朝にコンビニによらず朝ごはんが準備できる。ありがたいことだ。そしていつもと同じ時間に出勤することができた。朝の時間が短くなるのは少々騒がしいが、遅刻もせず朝ごはんも食べることができて出勤できていることに感謝をする。家に食べるものがあって良かったなぁと。

備えあれば憂いなしなのである。

ふと思う。備えるものはモノだけだろうか?と。

備えるものはモノだけではないし、経験であったり、時間であったり、知識だったり、健康だったりする。

お金で買えるモノだけではなく知識も蓄えておかなければいけない。

健康に対しては普段から気を使っているが、最近読書がなかなかできていないことを反省した。時間を見つけて本を読まなければと思う。(年間目標値には程遠い冊数で今年は終わりそうだ。)

いざという時、困ったときに自分を助けるのは、普段からの蓄えなのだ。

備えあれば憂いなしなのである。

それじゃあ、また明日!


コメント

タイトルとURLをコピーしました