夜勤最終日。生活を朝に戻す。

夜勤

僕は隔週で夜勤をやっている。夜勤から昼勤の生活に戻すときは意外と気を使う。

最終日にいつものように寝てしまうと、夜寝れなくなる。

これを早寝早起きの生活パターンに戻そうとすると、多少寝不足にしておかなければいけない。

夜勤歴も早15年。

20代・30代前半までは夜勤明けに寝ないでそのまま遊んでいればよかった。

それでも全然へっちゃらだったのだが、30代後半から40代に入り、それは厳しくなってきた。

身体は起きているけど、頭は全然働いていない状態になってしまう。

起きているけど寝ているようで、何かやろうという気にならない。ぼーっとして時間だけが過ぎて行ってしまうのだ。

アラフォーの現在は夜勤から生活パターンを戻すときは少し仮眠するようにしている。

1.5時間、もしくは3時間寝る。

90分おきの睡眠サイクルに合わせて仮眠をとるようにしている。

そして、起きた後に予定を入れてしまう。髪を切りにいったり、買い物にいったりと。

予定があると生活にメリハリがつく。ダラダラする間を与えずに即仮眠、即行動とする。

僕の場合、夜勤明けの脳みそは働いてくれない。だから、あらかじめ計画を立てておく。あとはそれ通りに実行するだけにしておくのだ。

夜勤明けに帰ってきてから計画を立てようとすると、頭の中で『あーでもない、こーでもない』と思考のループに入ってしまい時間だけが過ぎる。そしていつの間にか寝落ちして寝過ぎてしまい、夜寝れなくなってしまう。

夜勤明けは毎日ジムに通う僕だが、最終日の明けは身体を休ませることが多い。

昼の生活に戻すことを優先するのだ。

筋トレして、睡眠不足で、活動もしてだと、負担が掛かりすぎる。僕の場合、翌日に影響が出てしまうのだ。

身体を休ませることも大切だ。翌日から生活パターンを戻して、朝からフルパワーで活動できるようにする。

思考停止状態でダラダラ過ごすくらいなら夜はさっさと寝て、朝早起きした方がよいのである。

そのために昼間は多少の睡眠で乗り切るのだ。

それでは、また明日!


コメント

タイトルとURLをコピーしました