工場という名の牢屋。

工場勤務の単調な作業。意味のない資料づくり。クソのようや仕事にまみれ、でもみな『やらなきゃいけない』ってやる。行きたくないのに、時間に間に合うようにタイムカードを押す。くだらないって分かっているのに、くだらないルールを教えて、守らせる。

楽しみは仕事が終わったときだけ。工場から出た瞬間だけ自由を手にする。

製造現場から活気がなくなったのは、誰もができるようになる標準作業や機械化だ。その人特有の存在意義はなくなった。誰でもいいのだ。誰がやってもいいのだ。そんなどーでもいい仕事をやってる人間たちを活気づけるのは容易ではない。

すべての頑張りは搾取される。勤め人なんてそんなもんさ。

ならばここから脱出するかい?

脱出の方法は色々ある。

仕事をやめるだけじゃ能がない。

やめなくても脱出できる方法だってあるんだよ。

それじゃぁ、また明日!

タイトルとURLをコピーしました