現役工場勤務の私が教える夜勤のメリット・デメリット

夜勤

こんにちは。しゃーしん(@AceShin8)です。

大手自動車メーカー系工場に勤めるアラフォーです。

工場に勤務するようになって、早15年。

現在は生産現場第一線の責任者をやっています。現在でも隔週で夜勤をやっています。


お仕事探し君
お仕事探し君

夜勤の仕事って、お金はいいイメージだけど・・・

肉体的にはツラいのかなぁ?

しゃーしん
しゃーしん

夜勤はよく寝れば大丈夫ですよっ!

それに、お金以外のメリットもあるよ!


夜勤で働くってどんな感じなのでしょうか?

普段寝ている夜に働く。経験がない人にとっては未知ですよね。

お金がいいのは分かりますが、体調面での心配もあります。

若い頃は寝ないでオールで遊んだ経験が1度や2度はあるのではないでしょうか?

遊びなら多少寝なくても楽勝でした。でも仕事となるとどうでしょう。

別に寝ないで働くわけではないし、楽勝でしょうか?

そんな疑問に答えながら、夜勤で働くメリット、デメリットをまとめてみました。

これから夜勤を始める方や、夜勤のある仕事も検討している方の助けになれば嬉しいです。

夜勤のメリット

給料がいい

最大のメリットであり、多くの人が求めるところです。同じ時間働いても給料が変わります。

夜勤と日勤で仕事内容は変わりません。

全く同じことをやるだけなのに給料が高くなります。

夜22:00~朝5:00までの時間帯は夜勤手当がつき、給料は1.25倍になります。

実際のところ、工場に勤務するほとんどの人が夜勤をやりたがります

業務の都合上、夜勤のないシフトをお願いすると給料が下がるからという理由で嫌がる人がほとんどです。

結局みな時間を切り売りしてお金と交換しているのですから、同じ時間を使うなら少しでも給料がいいほうがいいってわけです。

平日の昼間に動ける

サラリーマンをやっていると平日の昼間に動くのはほぼ無理です。

役所や銀行に用事があっても平日の夕方までしかやっていません。

そうなると有給休暇を取り昼間の用事をすませることになります。

夜勤シフトですと平日の昼間に動けるようになります。

どこに行っても空いています。

私自身、夜勤をやっていてよかったのは、子供の保育園や学校の行事にも参加することができたことです。

学校の授業参観は当たり前のように平日に行われます。

平日に仕事を休まなくても参加できるのは大きなメリットですね。

他にも地味なところで、歯医者に通えるようになりました。

半年に一度の定期健診があっても、夜勤週に予定を入れられます。

夜勤をやっていると動きやすいことって多いですね。

道が空いている

朝の通勤ラッシュって嫌ですよね。

私は車通勤ですが、朝の時間帯は大渋滞です。

普段だと30分で着くところが1時間以上はかかります。

夜勤ですと通勤の渋滞はありません。

朝の渋滞に巻き込まれてイライラすることはありません。

出勤までの時間に時間的なゆとりがあると、心もゆとりが持てます。

一人の時間が作れる

夜勤が終わって家に帰ってくると、誰もいない自分だけの世界が広がります。


これ、既婚者にとって無敵です


家族を持たれている方なら、たまに一人になれる開放感はたまらないでしょう

普段は家に帰って子供の面倒をみて、家事を手伝って・・となかなか自分の時間が取れないと思います。

夜勤明けは完全に独身気分を味わえます。

実際のところ既婚者は夜勤のメリットとしてコレをあげる人はとても多いです。

これが楽しみで夜勤をやめられない、という人もいます。

みんな一人になって自由な時間が欲しいのですね。

デメリット

眠い。日中の眠りが浅くなる。

やはり夜勤は眠いです。人間は夜眠る動物だと実感します。

正直、若いうちは何とかなりますが、年を取るとキツイです。

日中はなかなか熟睡できません。そのために色々と工夫はするのですが、夜眠るのと同じように昼間眠るのはなかなか難しいです。

どうしても眠りが浅くなってしまいます。

寝不足はイライラのもと。なかなか寝付けないので寝れない自分にも焦ってしまい、さらにイライラして寝れない・・・と、無限ループにはまります。

慣れてしまえば、とも聞きますが、肉体的に慣れるわけではないです。

その実は夜働くことに対してこんなものだ、とあきらめているだけでしょう。

多少寝なくても仕事はやれるって経験上分かるだけだと思います。

だってキツイものはキツイですから。眠いもんは眠いのです。

逆に言えばしっかり寝ていれば大丈夫です。

しっかり寝て夜勤に備えたいものです。

私の場合、1週間のうち水曜日あたりで体が慣れます。(すでに折り返してますね・・)

夜勤15年も経ちますと、

5分~10分だけ寝て一瞬でスッキリさせる変なスキルが身についたくらいです。

工場の夜の環境ってどんなの?

日勤と夜勤で工場の環境はどうかわるのでしょうか?

私の工場でいえば、夜勤でも工場の中に入ってしまえば外は見えません。

日勤と変わらず蛍光灯で照らされた明るい現場で働くわけですから、夜働いている感覚はないです。

職場についてしまえば日勤なのか夜勤なのか、分からなくなるくらいです。

太陽もお月様も見えません。

夜勤の昼休憩(AM2:00)でも食事をとります。

ふと、今って真夜中だよなぁと振り返り、不思議な気持ちになることもあります。

体調管理が難しい

夜勤は寝不足になりがち。寝不足になると体調を崩しやすくなります。

夜勤は生活が逆転します。自分は夜ですが、世間は昼間です。

突然郵便屋さんがやってきて起こされることや、学校から帰る小学生の声や道路で遊ぶ声に起こされることもあります。

昼間に寝るのは意外と大変で、季節にも影響を受けます。

比較的涼しい春や秋。窓を開けて心地いい夜風を浴びながら眠るのは気持ちがいいですよね。

夜勤だとやれません。日中はやはり騒々しくて窓を開けていては寝れません。音で目が覚めてしまいます。

そのため、窓を閉め切ってエアコンを効かせて寝ることになるのですが、これが体調を崩す原因になります。春と秋は要注意です。

夏の暑い時期はエアコンを効かせれば寝れます。外からの光を遮って暗くさえすれば寝れます。

最大の敵は夏の天気のいい日に、『なんで俺は寝なきゃいけないんだ!』という気持ちと闘うことくらいですね。

寒い冬の時期は寝つきがよくなります。暗くなるのも早く、外で遊ぶ声も少なくなるので。

ですが家に帰ってお風呂に入れないです。

一人暮らしの人はいいかもしれませんが、家族がいると朝と夜の2回お風呂を沸かすことになります。

自分だけのためにお風呂を沸かして入って、お湯をすぐに捨てるのももったいないし、

自分だけ入って、すぐそのあとにお風呂を洗うのもめんどくさい。結局、自分のためだけにお湯を沸かすことはありません。

冬の時期は仕事から帰ってシャワーだけで済まします。これが強烈に寒い訳です。

下手したら風邪ひきます。冬も要注意です。

夜勤週に風邪をひくと、まず治りません。日勤になるまで治りません。

なので風邪をひかないようにすることが肝要です。そのためには、夜勤は体調を崩しやすいと自覚して、無理をしないことが大切です。

特に女性は夜勤をやると体調管理が難しいみたいで、生理不順になる人もいます。

体調を崩すくらいなら無理して夜勤をする必要はないって思います。

身体がツラい

日勤での仕事を夜行っているだけなのですが、夜勤だとキツイです。

しっかり寝れればまだいいのですが、どうしても眠りが浅くなります。

仕事中に身体がだるかったり、目を覚ますためにコーヒーやエナジードリンクを飲んだりします。

その時はよいのですが、家に帰ってなかなか寝れなかったり、眠りが浅くなってしまいます。

私も若いころは栄養ドリンクをケース買いして毎日1本づつ飲んで夜勤と闘っていました。

仕事中はこれで乗り切れるのですが、帰ってきてもなかなか眠たくなりません。

まだ元気だし、と寝つけに飲酒なんてすると最悪で、余計眠りが浅くなってしまいます。

家族や友人と生活時間がずれる

夜勤をやると家族が寝ている時間に働き、家族が起きている間に寝ることになります。

生活が逆転しているので家族には迷惑もかけます。

我が家の場合、小学校から帰ってきた子供達には静かにしてもらうことになります。

ひそひそ声での「ただいま」の声を聞くと、なんか申し訳ない気持ちになります。

本来なら元気な声で帰ってきて欲しいんだけどなぁ・・・と。

友達と遊ぶ約束をするにしても我が家で遊ぶのは極力断ってもらってます。


職場の若い子たちに聞いてみると、スポーツチームなどのコミュニティに入っている人は、夜勤に入ると参加できなくなるのがデメリットだそうです。

それに関しては、夜勤明けに職場の仲間とご飯を食べに行ったり遊びに行ったりしているので、一概にデメリットとも思いませんが。

それなりの、状況に合わせた楽しみ方をするものです。

まとめ

まとめ

夜勤の最大のメリットはお金だと思います。あとは比較的に自由な時間が作れます。ですが、体調面を考えると心配な面もあります。

健康をとるかお金をとるか・・・

いや、両方取れます!

昼間でもしっかりと眠れる人は大丈夫です。

現に夜勤の方が元気なおじさんもいます。

私なんて夜勤明けは筋トレをしています。

だからしっかり寝て、ちゃんと体調管理さえすれば大丈夫です。

規則正しい(?)夜勤の生活を送れば全く問題ありません。

意外と自由があって楽しめるものです。

夜勤の恩恵にあずかって、夜勤ライフを楽しみましょう。



コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました