築くは難く、失うは易し。

日常

筋トレが習慣になっている僕。昼勤週は週に2回しか行けないが、夜勤週は毎日ジムに行く。

このところ仕事が忙しく、なかなかジムに行けないでいた。仕事のストレスからか毎晩のようにビールを飲む。運動習慣ができてからはビールを飲むのは月一くらいだったのに、このところ毎日だ。

運動せずに毎日酒を飲む、という昔の生活に戻っていた。まぁ、これはこれで幸せなものだ。仕事で疲れて家に帰ってきて、とりあえずビールで喉を潤す。僕は酒を飲むと翌日の頭の回転が下がるし、テンションも下がる。分かっていても一時の快楽に乗っかってしまう。そんな生活に2週間ほど戻っていた。忙しかった仕事にも一区切りがつき、今日は久々にジムに行った。

2週間の怠惰生活後のジム

とにかく体が重い。朝ジムにいき、とりあえず身体を温める。が、すでに体が重い。

久々の日は『みんなが大好き胸の日』ということで、ベンチプレスをする。60キロでウォームアップのつもりが、すでにやけに重く感じる。80キロに上げると左の手首が少し痛む。たぶんいつもなら、そのまま気合でやっていただろうが、今日の自分はやけに慎重だ。そうそうに重量は軽めにして、レップ数でかせぐことにした。力が入らないというか、粘りがないというか・・。とりあえず胸に集中して1時間集中してトレーニングすることはできた。怠惰生活のせいか、体中の細胞が眠っているようだった。

敵も味方も自分のなかにいる

普段から身体を鍛えている自分でも、たった2週間で生活が変わると調子が狂う。今日から生活を戻そうと思う。

今はまだ筋トレする自分がデフォルトなので、怠惰生活からすぐに抜け出す意志がある。

でもこれが2週間でなく3週間になったら・・・やがては怠惰生活がデフォルトになると、運動することが途端に億劫になるのだろうな、と。

人は習慣の生き物、と聞いたことがある。たしかに身体も精神も習慣から作られている。摂り入れる栄養やインプットする情報から人は作られる。普段の何気ない生活が人を形作っていくわけだ。

僕の人生のテーマは『かっこいい自分で在る』こと。

そのためにも怠惰は敵だ。その怠惰を、招くのも拒絶するのも自分次第。すべて自分の中にある。

最大の敵は自分の中にいるわけだ。最終的には自分との闘いな訳。幼いころからともに成長してきた自分の中の自分。僕の弱さやダサさも知っている自分。努力も頑張りも見てきた自分。そんな最大のライバルが自分の中にいる。そして最大の友でもある。

というわけで、毎日適度にかんばり、適度に堕ちていこう。(笑)

毎日楽しく、笑っている時間が少しでも多けりゃいい。

それでは、また明日!


タイトルとURLをコピーしました