酒抜き3日目。酒という飲みものが客観的にみえるようになる。

酒抜き3日目。人の習慣はまず3日。3という数字が関所になる。

3日、30日、3ヶ月、3年。

三日坊主から、石の上にも3年、まで。

3という数字がキーワードだ。

そして、はや3日目である。

体調はというと、体は軽い。

動きも自分で言うのもなんだがキビキビしている。動きがシャープでキレが出る。10歳くらい若くなった感じだ。

目覚めはというと、相変わらず眠い。

決して目覚めが良くなったという実感はない。

それでも頭の働きは違う。これは実感できる。

仕事をこなす量も質も上がっていると思う。そして、ストレスに対する耐性も強くなっていると思う。酒を飲んだ次の日にある『なんかイライラする感じ』がないのだ。

とりあえず調子がいい。

今日もなんなくクリア。

3日目の夜も酒抜き、完了。

酒がなくても十分楽しめる。むしろ、ないほうが頭がよく働くし、時間も生まれるし、メリットが多い。

酒を飲んで思考停止することは楽しいけど、洗脳薬の気もしてくる。

口にした者は一生それの虜となり、努力をすることを忘れてしまう。そして毎日毎晩それを求めてしまう。1日働いたご褒美、とか、飲まなきゃやってられない、とか言って…

そうして人々は成長することを忘れ、毎日同じ事を繰り返し、働いて、ご褒美で酒を飲み、少しの喜びを得る。酒があれば嫌なことも許せる。仕事に文句があっても会社にたてつくようなことはしない。愚痴って酒を飲めば許せるから。

支配者からすれば、平民は全く扱い易いものなのである。

酒を抜くとそう見えるんだよなぁ。

酒は成功者の飲み物なのだ。

それじゃぁ、また、明日!

タイトルとURLをコピーしました