酒抜き65日目。

仕事が忙しく、プライベートでもやりたい読書や、調べものがなかなかできない。

今は忙しいと酒を飲む気すら起きない。昔はどれだけ忙しくても、どれだけ睡眠時間が短くなろうが酒を飲んでいたな、とふと思い出す。今思えば自分で自分の首を締めていたのだ。それでも飲んでしまう。飲まないと1日頑張った気になるない。そう思わせるから酒は怖い。そして貧乏人はその罠にハマる。

酒は成功者の飲み物なのだ。時間にもお金にも余裕がなけりゃ、飲める代物ではないのだ。酒を飲めば体が傷つく。回復のためには休養が必要だ。時間が必要なのだ。当然!お金だってかかる。

逆説的だが貧乏人こそ酒を好む。だから時間も奪われ、お金も奪われる。そしてますます苦しくなるが、楽しみを酒に求める。苦しみから脱するために酒に逃げる。本当に脱するためには時間をかけ、自分を鍛える必要がある。それなのに、自分をアップデートする時間も金も奪われる。

酒は成功者の飲み物なのです。

と、言うわけで、今日も酒抜き成功!

浮いたお金通算 32,500円也。

それじゃあ、また、明日!

タイトルとURLをコピーしました