飲みに行った次の日の筋トレ。朝から絶好調だ。

日常

昨日は仕事の仲間と久しぶりに飲みに行った。こんな時期なので個室を予約して焼肉を食べながら酒を飲む。ソーシャルディスタンスはバッチリだ。普段は酒を飲まない僕も、昨日はよく飲んだ。そしてお決まりの締めのラーメンまで。

繫華街は人は閑散としていた。後輩が言うには、ラーメン屋は近くに3軒ほどあったらしい。だが、そのうちの2軒は潰れていた。コロナの影響は凄まじい。なかなかうまいラーメン屋だったらしいが、残念だ。

お目当てのラーメン屋が潰れていたのでそのまま帰ろうと思っていたが、一軒だけやっていたラーメン屋の外でメニューを見ていたら、店員さんが外まで出てきて懇願された。お客さんが入らないから、人助けのつもりで入って下さい、と。飲食業は大変だなぁ。結局その店でラーメンを頂いた。

翌日の今日。朝から身体が重い。二日酔いとは言わないが、頭は重い。今から筋トレなんて考えられない。

だが、昨日は焼肉をたらふく食べて、酒も飲み、おまけに締めのラーメンまで食べてしまった。

ここでキッチリ運動しようと自分を奮い立たせ、ジムに行く。

普段は準備運動がてらダンベルをもって軽く体を温めるが、今日はウォーキングから始める。

15分くらいやると徐々に体が温まってきた。そこからは筋トレを始める。心なしかいつもよりも力が入らない気がする。粘りが足りない。ケガしても嫌なので、少し軽めの重量にして胸トレをやる。

ダンベルベンチプレスとダンベルフライ。そして、スミスマシンを使って胸の下側を狙う。

それにしても前日にビール4杯、ハイボール2杯、そしてまたビールへ・・と飲んだアラフォー男としては、翌日の朝からジムで筋トレするなんて今までだったら想像もつかない。

筋トレするのがデフォルトに現実がシフトしてるので、どれだけ飲んだ次の日も筋トレができてしまう。

筋トレと酒については、いろいろなところで話を聞く。

結論、筋トレの効果を最大限にしたいのなら酒は飲まない方がいい。もしどうしても飲むのなら、筋トレをしない日に飲む方がいいらしい。

筋トレをした日は細胞が壊されている。その回復のために身体のパワーを使いたいのだが、酒が入るとアルコールを分解する方にパワーを持っていかれてしまう。確かに、筋トレをした日に酒を飲むと筋肉がピリピリする感覚がある。そして筋肉痛は遅れてやってくる。しかも長引く感じがする。

というわけで、僕も酒を飲む機会が減っていったわけ。

だが最近は特に気にしなくなった。飲みたいなら筋トレした日でも飲む。

それは僕が、コンテストに出るわけでも無く、アスリートでもないから。あまりストイックになりすぎないのも、長続きのコツだと思う。自分が楽しめる範囲ならそれでいいと思う。

今日は朝から筋トレやって絶好調だ。酒を飲んだ翌日だって、筋トレすれば絶好調。身体も軽くなって、最後はランニングもやった。

多少身体が重くても、身体を動かせばなんとかなってくる。とりあえずやってみないと分からないものだ。

だけどこれって、たまにだからよいわけ。これが毎日ならさすがに身体を壊してしまうだろう。

酒はほどほどに。あまり身体に無理ばかりかけずに、楽しく元気にいこうと思った。

それじゃあ、また明日っ!


タイトルとURLをコピーしました